近川矯正歯科クリニックは富山県高岡市にある矯正歯科クリニックです。

実際の治療例

歯並びや噛み合わせは、見た目はもちろんのこと機能的にもとっても大きな影響があります。

当医院では矯正歯科専門医院として、世界的にもハイレベルな治療をこころがけています。
そのために、治療の前後や治療中に、各種の歯のクリーニングやミネラルパック、トリートメントも積極的に行っています。
また、審美処置として、ホワイトニングやコーティング、形態修正なども希望により行っています。

全て当院で治療した、手術併用等もなく、矯正治療のみの治療例です。

叢生(乱ぐい歯、八重歯) 空隙歯列(正中離開、すきっ歯) 上顎前突(出っ歯) 反対咬合(受け口) 過蓋咬合(歯ぐきが目立つかみ合わせ) 交叉咬合 開咬(オープンバイト) 両顎前突 顔貌の変化

叢生(乱ぐい歯、八重歯)

歯並びがでこぼこになっているのが叢生です。見た目が悪いだけでなく、 ムシ歯や歯槽膿漏になりやすくなります。

非抜歯 治療例

非抜歯矯正

空隙歯列(正中離開、すきっ歯)

上唇小帯の異常や過剰歯(余分な歯)が主な原因となります。口呼吸や舌の癖によるものもあります。正面から見て目立つ上に、空気がもれて発音が不明瞭になります。前歯だけでなく、全体にすきまのある方もおられます。

部分の場合 治療例

全体の場合 治療例

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が極端に前へ突き出ているのが上顎前突です。成長につれて悪化することが多い不正のひとつです。指しゃぶりや口呼吸、舌癖が原因のこともよくあります。
原因除去ができないと治療が進まなかったり再発しやすくなります。

反対咬合(受け口)

かみ合わせた時、下の前歯が上の前歯より外側にあるのが反対咬合です。骨格的な問題が大きい場合は、外科手術が必要となる場合もありますのでできるだけ早期の治療が望ましいと思われます。遺伝的な要因のほか、下顎を突き出す癖などが原因になります。遺伝的な要因がある場合には成長とともに悪化することが多い不正です。

過蓋咬合(歯ぐきが目立つかみ合わせ)

かみ合わせた時、下の前歯が上の前歯で見えないのが過蓋咬合です。笑うと歯ぐきが目立ってしまったり、奥歯や顎の関節に負担がかかり過ぎるのが問題です。TCH(歯列接触癖、くいしばり癖)がある人が多いようです。

交叉咬合

上下の歯のかみ合わせが左右にずれているのが交叉咬合です。しっかり噛む事ができませんし、顔がゆがんでくるので、できるだけ早期の治療が望ましい不正です。骨格の問題が大きい場合は、外科手術が必要となります。

開咬(オープンバイト)

奥歯をかみ合わせても上下の前歯がかみ合わないのが開咬です。指しゃぶり・口呼吸などや舌の癖が原因のことが多く、できるだけ早期の治療が必要となります。舌や唇の機能訓練(M.F.Tなど)も行います。問題が大きい場合は外科手術が必要となります。

必要に応じて習癖除去装置を使用します。
子供の治療例2は、この習癖除去装置だけで治しています。

両顎前突

^