近川矯正歯科クリニックは富山県高岡市にある矯正歯科クリニックです。

埋伏歯と欠如歯(欠損歯)

生まれつき方向の悪い歯が骨の中に埋ったままになっているのが埋伏歯です。
そのままでは抜くしかない歯も矯正すれば生かすことができます。
できるだけ他の歯を抜いたりしない方法を選んでいます。

本来生えるべき歯が、変な所に埋まったまま生えてこない場合を「埋伏歯」といい、本来生えるべき歯が生まれつき存在しない場合に「先天性欠如歯」といいます。
虫歯などの理由で、抜歯してしまった場合も「欠如歯」です。 (ただし親知らずは除きます。)
いずれの場合も、歯並びやかみ合わせを悪くしてしまう原因になることが多く、矯正治療の対象となります。
なお、6本以上の先天性欠如歯がある場合と、3本以上前歯が埋伏している場合は、健康保険がききますので、自己負担が軽減されます。

欠如歯(欠損歯)

乳歯でも生まれつき歯が足りないことがありますが、永久歯は通常通り存在することもあります。
一度、レントゲン検査を受けられることをおすすめします。
永久歯が生まれつき不足している場合に先天性欠損といいます。

先天性欠損(生まれつき永久歯が足りない場合)

後天性欠損(虫歯や歯周病で歯を失った場合)

先天性欠損とは異なり、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)で歯を失うこともあります。
矯正治療を行うと、ブリッジやインプラントをしなくても済む場合もよくあります。
ぜひ、一度ご相談ください。実際の治療例を提示してご説明いたします。
埋まったままの親知らずを利用し、虫歯で抜歯することになった奥歯のかわりに、虫歯のないきれいな自分の奥歯を得ることもできます。

^