近川矯正歯科クリニックは富山県高岡市にある矯正歯科クリニックです。

非抜歯矯正

「非抜歯矯正」とは、その名の通り、歯(永久歯)を抜かないで矯正治療をすることです。
同じ結果が得られるのであれば、永久歯は抜かないですむ方がいいと思いませんか?
当院では、できるだけ、自分の歯は抜かない方法で治療を進めています。
特に成長期前の子供では、ほとんどの場合、歯を抜かずに治療します。
たまに、出っ歯になるとか口元がでるとか、心配される方がおられます。
それは、昔ながらの方法で単純に歯をぬかない矯正をした場合の話です。
当院では、成長を利用した側方拡大や、奥歯の遠心移動(奥にずらすこと)をおこなって、スペースを作っていきますので、前歯が出てきて出っ歯になったり、口元がかっこ悪くなる心配はありません。
これらの装置は基本的に裏側につきますので、他人に気づかれることはまずありません。
(ただし、積極的に口元をひっこめたい時は、歯を抜いた方がいいことが多いです。
非抜歯矯正は、口元の改善は軽度でいい場合に行います。)

また、マイクロインプラントを利用したインプラント矯正により、以前は抜歯しなければならなかったケースでも非抜歯で治療できることが多くなりました。

とは言っても、 歯を抜かないことに固執した方法はお勧めできません。
成長期を過ぎた大人の場合で、不正の程度が大きい場合は、やはり、抜歯が必要となることもよくあります。
その場合でも、治療の都合で単純に第一小臼歯を抜くのではなく、精密検査を行って、その人にとって一番抜いてももったいなくない歯(虫歯で大きな銀歯になっている歯とか、神経をとってしまった歯)を抜くようにしています。
すでに虫歯で抜いた歯やブリッジなどあれば、それを利用しています。

^