近川矯正歯科クリニックは富山県高岡市にある矯正歯科クリニックです。

マウスピース矯正装置(取り外し式装置)

歯並びやかみ合わせに合わせた装置を使うのではなく、こうなったらいいなという歯並びやかみ合わせにしたマウスピースを使う事により、現在の歯並びやかみ合わせを改善していく治療です。
食事や歯磨きの時は外していただきますので、食事も歯磨きもほぼ普段通りに行えます。
透明なので、ほとんどめだちませんが、どうしてもという大事な場面では、外しておくことができます。
なお咬みこむタイプの装置は、一日8~10時間の使用でいいので就寝時を中心に自宅での使用ですみます。
その他にもいろいろな取り外し式装置があります。

インビザライン、アソアライナーなど目立たない透明な取り外し装置
(主に大人に使用します。)

早期治療用装置(機能的顎矯正装置(ファンクショナルアプライアンス))とも呼ばれる、骨格のコントロールもする装置
(子供に使用します。)

カラフルなレジン(プラスティック)で作られた従来のタイプ

部分矯正

マウスピース矯正治療がもっとも得意とする治療です。
ちょっとだけのガタガタや1本だけのとびだし、少しだけの出っ歯など、
気軽に矯正治療を始めていただけます。

全体の矯正

子供の場合

早期治療用装置
(ファンクショナルアプライアンス、機能的顎矯正装置)

全てが乳歯、または、まだ乳歯がたくさん残っている、まだまだ成長期が残っている時期に使います。早く始めるほど骨がやわらかく、またその後の成長量も多いことから、比較的短期間で効果がえられます。痛みなどがほとんどないのも魅力ですが、めんどくさいとか鬱陶しいのを我慢して慣れる必要はあります。
上下顎の骨格のアンバランスやずれを正しくする装置です。
個々の歯の位置の改善効果は少ないものが多いです。
成長期に骨格の状態を整え、これから生えてくる永久歯に備えます。

10代の方のマウスピース矯正

ほとんどの乳歯は抜け、多くが永久歯になった状態で使用します。
骨格の改善は難しくなっている年齢ですが、個々の歯はまだ根の先が完成していなくて動きやすいことが多い時期です。個々の歯の位置を誘導して歯並びやかみ合わせを改善します。
場合によっては、次の永久歯のための場所を確保しますが、もともとの永久歯の埋まっている状態によっては、後から変なふうに生えてきてしまって、再治療が必要になることがあります。

上下のバランスを整える咬みこむタイプ

個々の歯を動かす上下別々タイプ

大人の方のマウスピース矯正

インビザライン、アソアライナー、クリアライナー、アクアシステムなど、色々なメーカーの製品があります。当院では、現在の歯並びやかみ合わせ、また、患者様の御希望により、使い分けています。
一日22時間の使用が望ましいとされていますので、食事と歯磨きの時以外は常に使用していただく必要があります。やむをえない大事な場面では外すことができるのは魅力ですが、たびたび外していると治療期間が極端に長引きます。
なお、治療効果を高めるため、歯の表面に、小さなレジンブロック(歯とほぼ同じ色の小さなプラスティックのかたまり)を接着する必要があることがあります。

^