近川矯正歯科クリニックは富山県高岡市にある矯正歯科クリニックです。

舌側矯正装置(裏側矯正装置)

歯の裏側、すなわち舌側につけるので、舌側矯正装置といいます。リンガルアプライアンスまたはリンガルともいいます。
他人からは全くわかりません。
上顎下顎ともに裏側に装置をつける場合を「フルリンガル」、上顎か下顎のどちらかだけを裏側にする場合を「ハーフリンガル」といいます。

表からの普通の矯正装置とは異なったシステムで、よりさらに高度な技術が必要なため、表からの装置に劣るようにいわれることもあるようですが、そんなことはありません。 舌側装置の理論に則って、正確なテクニックで行えば、治療期間や仕上がりの結果は、表からの従来の装置と変わりなく、いい結果が得られます。
舌にあたるので、装置に慣れるまで表の装置よりは長くかかりますが、以前に比べ、装置は小さく薄くなり、違和感は小さく、痛みも少なくなりました。
なにより他人に全くわからないということは、多少自分が不都合でも、他人の目が気になる方には、ストレスがないのではないのでしょうか。

また、当院院長はIncognito認定専門医でもありますので、世界最新のインコグニト(TM)アプライアンスシステムも使用できます。
これは完全なオーダーメイドで、ドイツの専門技工所で精密に作製されます。アレルギーの心配が少ないだけでなく、機能が大変優れており、従来では裏からが難しかったケースや時間がかかったような難症例にも対応しています。

↑↑厚みが薄く違和感が少ないインコグニトブラケット↑↑

欠点としては、完全オーダーメイドのため、ドイツでの製作に少し時間がかかる、噛み合わせの仕上げのゴムが少しかけにくいということがあげられます。

もともとの歯並びによっては、裏からの方が早くきれいに治る場合もあります。ただし、逆に、もともとのかみ合わせによっては、裏からの治療が望ましくないケースもありますので、ご相談ください。

治療例はこちら

特別な技術も必要ですので、 日本舌側矯正歯科学会では、治療症例の厳格な審査を行い、合格したDr.を日本舌側矯正歯科学会認定医と認定しています。
矯正用アンカースクリューを使用するミニインプラント矯正も、歯茎にいれるだけで、歯につける装置ではないので、部分的につかえば、見えない装置といえます。

ミニインプラント矯正

^